保育士になるためには保育士資格が必要!

保育士の勤務先として、地域の保育所を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。また、最近では企業内に保育所を設置するところも増え、そこで働く人が子育てと両立できるなどのメリットも注目されています。このように大変身近な保育士の仕事ですが、保育士になるためには保育士資格が必要になります。中には、資格なしで保育補助として勤められるところもありますが、資格を取得したほうが何かと有利になります。保育士になりたい人は、これを機に資格取得を目指すことをお勧めします。

保育士資格を取るための方法とは!?

保育士の資格を取得する方法には、2つの方法があります。その1つ、大学や短大、専修学校など、保育士養成施設に入学して学ぶ方法があり、保育士になる一般的な方法として知られています。また、仕事をしながら夜間部や通信教育部で学ぶこともできるため、自分に合った方法を選ぶといいですね。もう1つ、国家試験に合格して保育士資格を取得する方法もあります。こちらの方法で資格を取得する場合は、筆記試験と実技試験に合格する必要があります。また、受験資格(短大卒業以上など)が決まっていますので、試験内容や試験実施時期なども含めて都道府県庁まで照会をお勧めします。

保育士資格取得後、登録することも必要!

以前は、保育士資格を取得するだけで保育士になることができましたが、現在は、保育士登録をする必要があります。保育士登録関係の事務は「登録事務処理センター」で行っており、それに関する情報は都道府県庁サイトでも案内されています。なお、保育士登録が必要な人は、現在保育士として働いている人や、保育士として働くことを希望する人です。そのため、保育士資格を持っていても保育士になる予定がない人は、登録をしなくてもいいでしょう。また、登録しなくても保育士資格を失うこともないため安心です。なお、保育士登録をしない人は、保育士になりたいと思ったときに登録するといいですね。

保育士の求人を探すには専門の求人サイトを利用しましょう。必要な条件を入力すると希望の条件にあった職場を見つけることが出来ます。