大学生がバイトをする理由

大学生になると一人暮らしをする人が多くなり、学費以外の交友にもお金が必要になります。交友や自分の趣味のためのお金を作る手段として大学生はバイトを始めます。しかし、初めてのバイト探しです。自分にどんな仕事があっているのか、そのバイトがどれほど時間を拘束するのかわからずにバイトを始めることも少なくありません。その結果、「働いてみたら自分のイメージと違っていた」ということや「バイトがきつすぎて大学を休んでしまった」という事態が発生します。では、どのようにしたらそのようなトラブルを防ぐことができるのでしょうか。

バイト選びで失敗しないために

バイト選びに失敗すると学業がおろそかになる危険があります。それを避ける方法はいくつかあります。まず、同じ業種で働いている人にどのような仕事内容なのか前もって聞いておくことです。知り合いが働いているお店で一緒に働くことができるとベストです。次に、実際に面接のときに大学の試験期間にはシフトを調節できるかを聞いておくのも安心です。もし、その段階で嫌な顔をされたら学業と両立させるためには別のバイト先を選ぶ必要があります。

バイトができるか心配な方に

「今まで働いてきたことないから何か月もバイトを続けられるか不安。」という場合には日雇いのバイトを経験して自信をつける方法があります。この経験は働くことのイメージを頭に植え付けるためにとても有効です。具体的な業種はイベントスタッフです。このようなバイトは給料が日払いになるため、給料が未払いのまま終わってしまうこともなく、上司や部下といった上下関係に悩む必要もありません。なので、人間関係を構築することが苦手な人に向いています。

リゾートバイトとは、観光シーズン限定の観光地の住み込みのバイトです。夏は海や避暑地、冬場はスキー場や温泉地が多く募集しています。