子どもの預け先がネックになる

子どもを出産後に仕事に復帰または始めようとすると一番最初にぶつかるのが子どもの預け先ではないでしょうか。最近は認可保育園が増えたというニュースも聞きますがまだまだ激戦区と呼ばれる地域が存在しています。仕事を始めたいから保育園に入れたいのに、仕事が決まっている人から優先的に入園できたり、じゃあ仕事から見つけようとすると面接で預け先がないことを理由に断られたりすることがあるんですよね。そのせいでまずは無認可保育園等に預けることになり、かなり高額な保育料を払うことになってしまいがちです。困窮している人ほどさらに大変になることもざらになっている状態が多くあるようですね。

認可外保育園は保育料が高い!

認可保育園かそうではないかで月々の支払いの差が2~3万ほど出てきてしまうことがあるようです。この差はじわじわのしかかる大きな差ですよね。ご主人の扶養内で働こうと考えていた場合、無認可保育園だとただ保育料を稼ぐだけになってしまうということになる可能性があるのです。そうならないように、保育料ともらえる給料の額を照らし合わせてさらに扶養内で働くか扶養外でばりばり働くかを選択する必要が出てくるでしょう。ちょっと働きたいと思っても子育てしながらだとただ働くということがとても面倒なことになってしまいがちですね。

子育てと仕事の両立は難しくても出来ないことではない

生活が苦しかったりどうしても今働く必要があるという場合は、とりあえず無認可保育園に入れて仕事を見つけ認可保育園の空きを待つのが現状のようです。なんとかならないのかなと思いますよね。今は家で子どもを見ながら在宅で働くということもできますが、やはり外で働いた方が稼げる人が大半になり、中には在宅仕事のみでも稼げる人もいますがやはり個人差もありますが何のスキル経験のない人が稼ぐようになるには時間がかかってしまうようです。子育てをしながら仕事をするというのはできないことではないですが、まだまだ環境が完全には整っている状態ではないので子育てと仕事の両立はハードルの高いものになっています。このハードルを下げるには育児中に仕事をするには事前の計画と準備が大切です。しっかりと準備をしてバランスよく両立していきたいですね。

シングルマザーの仕事の特徴は、様々な場面で紹介されることがあり、育児や家事などと両立しやすい就業先を選ぶことがポイントです。