要介護認定を受けよう!

介護が必要になった場合まずは要介護認定を申請する必要があるんですよ。要介護認定の申請をすることにより、いろいろなサービスを受けることが出来るので、必ず申請してくださいね。申請の流れはまず、市町村の役所の窓口で要介護認定の申請を行います。その後市町村の職員などの調査員が家に訪問し、介護が必要な人がどのような状況なのか調査に来るんです。その調査をもとに、要介護認定が申請されるかどうかが決まるんですよ。また基本的には申請から30日以内に、結果が通知されるシステムになっているので、万が一申請から30日を過ぎても連絡が来ない場合は、役所に連絡を取るようにすることをお勧めします。

ケアマネージャーに要望や不満点を伝えよう!

要介護認定を受けると福祉のサービスの手配やケアプランの作成など、介護に関すること全てをフルサポートをしてくれるケアマネージャーが付くんですよ。ケアマネージャーは介護を受ける人や家族の要望をもとに、その人に合ったサービスを紹介してくれるのですが、時には紹介してくれた施設などが合わないなんてこともありますよね。そういう場合は遠慮せずにケアマネージャーに相談するといいですよ。相談すればすぐに別のところを手配してくれたりするので、我慢せず相談することをお勧めします。

要介護認定には更新がある!

要介護認定にはランクというものがあって、ランクが高いほどよりよいサービスを受けることが出来るんですよ。ランクは介護の必要具合によって決まっていて、寝たきりなど介護の必要性が高いほどランクが高いんです。また要介護認定は6カ月ごとに更新があり、その時ランクも合わせて更新されるんですよ。更新時には調査員が来て介護が必要な人の状況を確認し、改めて要介護認定が行われる形になっているんです。その時改善されていればランクは下がりますし、悪化していればランクが上がるシステムになっているんですよ。ただやはり介護される人の体調も日によって違う場合もある為、もしも認定に不満がある場合は異議申し立ても出来るんですよ。その為もしも不服がある場合は遠慮なく異議申し立てを行うことをお勧めします。

介護に就職を考える理由は、それぞれのキャリアプランによりますが、働きやすい環境をきちんと見極めることが重要です。